読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかピー大仏のしあわせ環状線

心についていろいろ書いていきます。そして、いろいろなことを私なりに勝手に解釈しています。

【恋03】恋のチャンス到来!

みなさん、こんばんは!

今日は名古屋からお送りしております。

名古屋は暖かくて過ごしやすかったです。  

 

恋のお話も3作目になりました。

今日はいつのまにか、恋愛に対するブロックが外れてきていた件について。

 

モテ期は中学生のときから始まりました、たぶん。

人づてに聞いた話、ひとつ年下の女の子がなかピーのこと気になってるらしいっていうのを聞いた。

でも、その子のことはよく知らない(笑)

部活とか生徒会活動とか、なにかしら絡んでいれば知っていたのだけど。

ただ、印象としてはすごくシャイな子だったなぁー。

だから、相手からはアクションはあるはずもなく、自分から引っ張ってあげたらよかったのかもなー。

って今の自分なら思う(笑)

 

当時、私もシャイだったんです(笑)

サイではありません。

 

同時にクラスメートとも男女問わず仲良くなってきたので、いつのまにか恋愛に対するブロックというか、女の子と仲良くできないブロックは外れてきていたのかもしれないな。

ハーレムで下校することもできるくらい。

 

女の子とお話しすることが苦手だったりもしたけど、この頃から大丈夫になってきてたかもね!

何名かとは今も年賀状やりとりとかしてるし。

 

ただ、いいお友達って感じに終わったかな。

中にはいいなーって子もいたけど、一歩が踏み出せなかったな。

まぁ、周りみても、カップルはごく少数よ。

まー、そんなもんだよな、中学生って。

 

高校になるともっとわかりやすいサインもあったりなんかしたなー。

 

高校にはスクールバスで通ってました。

いつもは柔道部の人と座っていたのだけど、その日は休みかなんかでいなくて、たまたまある女の子(Aさんとします)が隣に座ってきたんだよな。

当時、夜更かししまくって(ヲイ)、ラジオを朝5時ごろまで聴いてから登校してたので、バスでは爆睡だよ(笑)

彼女も疲れてたのか、寄りかかってきたのがわかったのだけど、これがまた不自然な感じで、意図的なもの?と言わんばかりに。

 

さらにいうと、昼飯を他のクラスの仲間と食べたことがあって、行った先がたまたまAさんのクラスだったのだ。Aさんも私に気づいて、ゼリーをくれたこともあった。

 

これ、脈アリじゃね?ww

 

しかし、高校は男女交際禁止だったんだな。

それもあって、気づかないフリしちゃってたんだよなー。

 

今から思うと、男女交際交際禁止も誰かが勝手に作ったルールに過ぎないんだよね。

当時の校長が、あれもダメこれもダメな人だったから。

私も他人の機嫌伺ってたな。

 

付き合っちゃえばよかった!ww

 

今の自分ならそうしてたな。

 

ルールなんてものは、他人をコントロールしやすくするためのひとつの手段にすぎないと思ってます、ハイ。

 

 


こちらもよろしかったらどうぞ☆

Facebook:
https://www.facebook.com/nakapy1123

LINE@:
https://line.me/R/ti/p/@xcx9282w
ID検索→ @xcx9282w
(@は半角でお願いします)